伸び癖

包茎の原因に「伸び癖」というものがあります。
その「伸び癖」とは一体どういったことなのでしょうか。
自慰行為の際に、包皮を使ってするやり方で「伸び癖」がつくといわれています。


やはり包茎の人は包皮が余っています。
その包皮を伸ばすようにして自慰行為を行う人がどうしても多くなってきます。
それで一つの癖がついてしまうということなのです。
やはり自慰行為というものは、誰もがやる行為です。
そのやり方も人それぞれ違ってきます。


それでも包茎の人は大体がこの包皮を伸ばしてするやり方が多くなってくるのです。
包茎の人は、普段は亀頭が包皮で覆われている状態ですので、免役があまりないといえます。
ですので、直接亀頭に触れるやり方で自慰行為を行うと、どうしても違和感というものが生じてきます。
これでわかるように、どうしても包皮の力を借りて自慰行為を行わなければならないのです。
ですが、自慰行為をすることは決して悪いことではありません。
どうしてもそういった気分になれば自慰行為をしたくなるものです。
でも、その時に少しでも意識を包皮に持っていってみてはいかがでしょうか。


どうしても包皮を引っ張るような自慰行為をしているはずです。
それを毎日のように繰り返していては、この「伸び癖」ということに関していえば、とても危険ではないでしょうか。
自ら、仮性包茎へと導いているのかもしれません。
言い方を変えると、余っている包皮は、自らの手で、伸ばして余らせている可能性があるということです。


≪Special Link≫
仮性包茎を治療したい方は包茎手術の専門クリニックのサイトを参考にしてください => 包茎手術

Copyright © 2014 包茎で困ること All Rights Reserved.